0_2KX2tM.jpg


目次
1・不眠症で悩む人とは?

2・不眠症を解消する秘訣とは?

3・管理人の私が不眠症を治した方法とは?

4・本当に効果はあるのでしょうか?

5・費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

6・1日どれぐらい実践する必要があるのでしょうか?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他の不眠症解消法と比べると・・・

9・不眠症の怖い話とは?

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?






不眠症の怖い話とは?

今日は前回の予告どおり、
不眠症に関する恐ろしいお話です。がく〜(落胆した顔)


私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
不眠症について甘い考えを持っているみたいですね。


不眠症が続くとどうなるの?


人間は、眠ることによって、脳を休めます。


起きている間、脳は常に膨大な量の情報を処理し続けています。


そのため脳にはだんだん疲労物質が蓄積していきます。


睡眠はこの疲労物質を分解し、
再び脳に活力を与えるためのメカニズムなのです。


では、しっかりと眠れない状態が続くと
人間はどうなってしまうのでしょうか。


もちろん個人差があることは当然ですが、
眠りを妨げられると、イライラしたり攻撃的になったりします。


また、正確な判断力を失ったり、
集中力が減退するなどの影響もあります。


居眠り運転による交通事故などが、良い例と言えるかもしれません。


他にも、厚生労働省の発表によると、自殺しようとした人のうち7〜8割の人が睡眠不足に悩まされていたなど、睡眠が人間に及ぼす影響は精神的にも大きなものであると言えそうです。


現代社会では、睡眠は軽視されているような風潮です。


本当はとても大切なものだということを理解して、
効果的にしっかり眠るように心がけましょう。


不眠であなたは一億円損している!?


これはあなたにとってちょっとショックなお話かもしれません。


でも、後で知って後悔するよりも
今知って、1日も早く対処する方が良いと思いますので、
あえてお話させていただきます。


ある研究機関の調査によりますと、不眠による経済的損失は
一人の人間で一億円に上ると言われています。


あなたの不眠がもしこのまま続けば、
「一生で一億円損をしますよ!」というのです。


ではその理由について考えてみましょう。


不眠で寝不足が続くと、
心や脳の働きに悪影響を与えますから、
当然、仕事や勉強の効率が悪くなります。


不眠が続けば、精神的にもとても幸せとは言えないでしょう。


・アイデアが湧かない
・意欲が湧かない
・計画が立てられない
・行動力が低下する
・マイナス思考になる
・気持ちが安定しない
・人間関係が悪くなる・・・
・幸せになれない・・・


どうでしょうか?


今のあなたに当てはまる項目はありませんか?


それらは1つ、あるいは1日くらいなら
目に見えない位の小さな損失でも、
時間が経つごとに、大きな損失に膨れ上がっていきます。


もし3年、10年、20年と不眠が続いていったら・・・


たった一度きりの人生ということを考えると、
とても勿体無い、いえ恐ろしい話です。


でもそれを逆に考えたらどうでしょうか?


そう、あなたが不眠を治してよく眠れるようになって、
本来持っている才能や潜在能力が発揮されていったら、
あなたの収入はさらに“一億円”プラスすることが出来るのです。


今より一億円収入が増えれば、
あなたの生活はもっと楽になるし、
人生も、もっともっと楽しくなるのではないでしょうか。


一度きりの大切な人生を、
自分らしく快適に生きるために、1日も早く不眠を治しましょうね。


睡眠薬の副作用とは?


薬を飲まれている方の苦しみ、辛さを考えると、
簡単に薬を止めろとは言えません。


しかし、睡眠薬は浅い眠りを与えてくれはしますが、
深い眠りは与えてくれません。


そのため、睡眠薬を常用しているかぎり、
生涯深い眠りを手に入れることはできなくなり、
浅い眠りによる疲労感は深まります。


また、薬なので当然副作用もあります。


睡眠薬にもいろいろな副作用があります。


その中で一番多いのは、翌日のふらつきや眠気です。


また、内服後、眠るまでの間の記憶を失うことも多く、
これはアルコールと併用すると、非常によく起きます。


この記憶喪失の副作用のために、
高齢者の方はボケ症状を増強することがあると言われています。


さたに、これらの薬物を長期常用している人は、
目の輝きがなくなっています。


まるで死んだ人みたいなドロンとした目をしている場合が多いです。


意欲がなくなり何もかも面倒くさくなるようです。


また突然大きな不安感に襲われるので、
とっさ的な行動(自殺など)の例も多いようです。


確かに昔の薬と比べると副作用は少なくなったのでしょう。


半年くらいで止めることができるなら、
それほど問題が無いのかもしれません。


しかし、現実には5年10年と飲み続ける人がほとんどです。


これだけ長い期間だと、例えば自殺が薬の副作用で
起きたかどうかを証明することは不可能でしょう。


副作用がない、というよりは長期服用による
副作用の証明は困難というのが正しいかもしれません。


依存性はほとんどないと言われていますが、
ほとんどの人が薬を止めるのが極めて困難ですから、
この説はかなり無理があるように思います。 


睡眠薬やお酒の力で眠ろうとするのは、
一時的に自分を“麻痺”させているだけなのです。


自分の心と脳と体を一時的に騙しているだけです。


副作用の怖さもあるし、経済的な負担もバカにならない、
そんな生活からは1日も早く抜け出したくありませんか?


以上、不眠症にまつわるちょっと怖い話をしてきましたが、
あなたはこのままで本当に大丈夫ですか?


安全にリスク無く不眠症を治したいと考えているなら
コチラ
を購入した方が手っ取り早いと思います。


価格以上の価値はありますので。


次回は、ヒロシからあなたへメッセージが御座います。


同じ悩みを持つ仲間として宜しければ御覧下さい。


続きを読む>>>
タグ:不眠症解消
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110755043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。